2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな時だから食生活を見直してみる!

学校主催のお花見会のお返事の時(なぜか、どのカテゴリーでも幹事率の高い私)、
ある整体の先生からのこんなメールがありました。


某先生より

しかし原発事故この失態・・ 
ますます食の意識(というか危機感)が高まっていますね。

毎日、環境線量計などもチェックしつつ、娘の外出傾向に判断を下し
停電の間隙を縫って仕事を入れて
食材買い出しに参じ(納豆が買えないのがつらくなってきました、、)
計画的に飯を炊き・・・(以下省略)

こんな時代の「食育」、鮎田先生がどんなことお考えなのか興味あります。
何か参考にされている本・サイト・哲学・宗教などありますか??


私の返事

2012年マヤ歴最後の年に向けて、地球は調整中で
今は産みの苦しみを味わっている時だと思ってます。
生きている間に地球人がアセッションする事をマジに願ってます。
(ブログ読者には、ドン引きひかれそうですが・・・)

本に関しては、色々少しづつ影響を受けているのですが、
アセッションに関しては下記の本から一番影響を受けました。

私はアセンションした惑星からきた―金星人オムネク・オネクのメッセージ
http://corpschou.blog91.fc2.com/blog-entry-41.html

感想文を読み直してみると、地球人の病気の原因のほとんどは食生活にある!をはじめ
これからの地球のあるべき姿が書かれてます。

(アセッションは興味のない方も多いと思うので、ちょっと隅に置いて)

日本人の食に関しては、震災前から問題山積みでした。

農産物に多量に使われている農薬や化学肥料、肉や魚への抗生抗菌物質やホルモン剤、
自然界には存在せず分解されないダイオキシン系の化学物質、人間が作り出したBSE、
食品添加物三昧の加工食品、小さい頃から砂糖漬けの子供たちやそれを許す大人たち、
ファーストフード三昧トランス脂肪酸まみれの食生活。などなど。

放射性物質は確かに危険度大ですが、
その以前から、飽食日本人の食生活は生活習慣病まっしぐらです。

ただ震災以前は、意識している人はしっかりとした食生活ができたのに、それさえも危うい現状で
子供や妊婦さん、これから子供を産む女性たちが特に心配です。

被災地ではまだ栄養のバランスなど考える余裕もなく、地球では飢えている人達が沢山いるのですが、
今私たちにできる範囲でするしかないので、できるだけ安全な食材、水を確保しつつ、

基本ポリシーは下記4個です。
(それぞれの詳しい説明は明日から1個づつブログにアップいたします)

1.低GI食品で血糖値の乱高下を避ける(空腹時の菓子パン、お菓子などはご法度)

2.適量の良質のタンパク質摂取(タンパク質は消化吸収が大変なので、しっかり噛んで)

3.脱トランス脂肪酸、要オメガ3系脂肪酸
(脱ファーストフード、揚げ物お惣菜、ショートニング入りのお菓子など
 魚や海草、緑黄色野菜でオメガ3系をしっかり摂取)

4.ファイトケミカルの恩恵に預かるために旬のできるだけ安全な野菜と果物を摂取。
(ファイケミカル=植物由来の抗酸化物質で活性酸素対策効果大)

少し暗い電車やお店にも慣れてきて、現代社会の無駄への気づきが多い今日この頃ですが、
来年夏まで続くらしい計画停電で、東京人の価値観は大きく変わるに違いなく、
自分も含め、どう変わっていくのか楽しみでもあります。

みなさんもこの震災をきっかけに、生活全般、特に食について考え直してみませんか?

妊婦さんのための食カウンセリングを受けてくださったTさんからです。
紗衣ちゃん
無垢な寝顔に心が洗われます。
ありがとうございました。

紗衣ちゃんが大人になる頃の地球が、すべての人にとって暮らしやすい星でありますように!


代官山の小さな隠れ家サロン
芳香整体&アロマトリートメントのクープシューです♪
ただ今春のキャンペーン中です!
代官山の小さな隠れ家サロン/芳香整体&アロマトリートメントのクープシュー

スポンサーサイト

食材到着

数カ月おきに、調味料などをまとめて注文してます。
昨日到着分♪
食材たち
この無肥料自然農法の小豆が美味しいのですよ♪


少し前、テキサスのナチュラルハイジーンの食事療法施設に2週間ステイしていた友人が
帰国した足でクープシューのアロマに来てくれました。

第一印象は透明感が増して、綺麗になったな~。体重も3キロは落ちた感じ。

2週間の間は、ローフードのみ。

生の野菜と果物、種子などの植物性食品のみです。

もちろんドレッシングなし、塩もなし、味付けはいっさいなしです。

最初は早く帰りたかったようですが、心も体がどんどん軽くなるのを感じたそうです。
(ちなみに彼女はベジタリアンで外食では魚介類やチーズも食べてました)

現代人の消化に使うエネルギーは相当なもの。
特に大食いは酵素やエネルギーの無駄使いです。

そしてアロマして、張りのある肌に更にびっくり。
4週間前にアロマした時とは大違いでした。

日本人がナチュラルハイジーンの食事を続ける事が100%良いとは思えないのですが、

消化器官に負担をかけない食生活。
ファースティング(断食)を始めとして、時々は、日常生活に取り入れて、
毎日フル活動の消化器を休めてあげたいものです。

また油は、オーガニック・低温抽出でも、油にする過程で酸化するので、
亜麻仁油なども亜麻仁で摂取した方が良いと事などを勉強してきたそうです。

確かに、どんな繊細に抽出したとしても種子をすりつぶした時から酸化は始まりますからね。

そして、熱を加えても良いと指導しているオリーブオイルは実はNGで、
唯一ココナッツオイルがOKだそうです。

なお油も熱する事でトランス脂肪酸がどうしても発生するので、
特に揚げ物は炒め物は控えた方が良いです。

帰国して2週間経過の彼女、仕事関係で外食する事も多く、
帰国直後の体調を維持するのが大変だと言ってました。

無理せず継続できるスタンスで取り入れていきたいナチュラルハイジーンです。


代官山の小さな隠れ家サロン
芳香整体&アロマトリートメントのクープシューです♪
代官山の小さな隠れ家サロン/芳香整体&アロマトリートメントのクープシュー

分子整合栄養学 3回目

昨日は分子整合栄養学3回目の授業でした。

今回は、抗酸化のフルコース!

活性酸素、ビタミンC、E、αリポ酸、COQ10です。

老化や病気の大きな原因の「活性酸素」。
体内に入った細菌、ウイルスなどをやっつけてくれる重要な働きもあり。
酸素がないと生きていけない人類にとって、活性酸素と上手に折り合いをつける事が大切です。

若い頃は、SODなど肝臓で抗酸化物質が沢山作成されるのですが、加齢とともに減少。
食べ物で摂取する必要性がアップするのです。

抗酸化物質の代表選手は、ビタミンAEC。

Aは、うなぎやレバー、緑黄色野菜系、
Eは植物系油、種子類、魚卵、
Cは果物や野菜に多く含まれてます。

一緒に摂取することによって、抗酸化物質のネットワークを有効にできて相乗効果アップです。
最新情報を盛り込んでの講習会、糖尿病の恐ろしさを再実感、今回も勉強になりました。

懇親会にも参加して、金子先生とパチリ。
分子整合栄養学 第4回目
お酒は充分あるのに、こんなにお酒を飲まない懇親会ははじめて(笑)

残念ながら、アルコールは体内で代謝される時に大量の活性酸素を出すのですよ・・・

お酒を飲んだら、ビタミンCを1g飲んで寝ましょう!


代官山の小さな隠れ家サロン
芳香整体&アロマトリートメントのクープシューです♪
代官山の小さな隠れ家サロン/芳香整体&アロマトリートメントのクープシュー

表参道 d'une rarete(デュヌ・ラルテ)

最近の一番のお気に入りのパン♪

d'une rarete(デュヌ・ラルテ)のホノカです!
d'une rarete(デュヌ・ラルテ)
渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1 TEL: 03-5468-0417 FAX:03-5468-0427
営業時間:11:00~20:00
定休日: 不定休

「デュヌラルテ」とは、フランス語で「類い稀なる」と言う意味だそうです。

corps-chou(クープシュー)も覚えにくい名前ですが、デュヌ・ラルテはもっと覚えにくい(笑)

国産小麦や塩など素材にこだわったパンの味だけでなく、
パンのデザインが美しいことで有名なこのお店は、
オシャレな表参道のこれまたオシャレなビルの地下1階にあります。

1個250円也。

高めの価格ながら、このモチモチ感。最高です。

白パンはGI値高く、血糖値をすぐ上げてしまうので、
あらかじめ、豆乳orプロティンを飲むか、ナッツを食べてから、召し上がってください。
d'une rarete(デュヌ・ラルテ) ほのか

本当に美味しい~です♪


代官山の小さな隠れ家サロン
芳香整体&アロマトリートメントのクープシューです♪
代官山の小さな隠れ家サロン/芳香整体&アロマトリートメントのクープシュー

おひとりさまの老後

おひとりさまの老後
おひとりさまの老後
上野 千鶴子(著)
1948年富山県生まれ。京都大学大学院社会学博士課程修了、平安女学院短期大学助教授、
シカゴ大学人類学部客員研究員、京都精華大学助教授、国際日本文化研究センター客員助教授、
ボン大学客員教授、コロンビア大学客員教授、メキシコ大学大学院客員教授等を経る。
1993年東京大学文学部助教授(社会学)、1995年東京大学大学院人文社会系研究科教授。
専門は女性学、ジェンダー研究。この分野のパイオニアであり、指導的な理論家のひとり。
1994年『近代家族の成立と終焉』(岩波書店)でサントリー学芸賞を受賞。
近年は高齢者の介護問題に関わっている。


断捨離でモノを整理した後に「おひとりさまの老後」?と笑われそうだが、
何となく借りてみた。

最近はもっぱら目黒図書館利用。
渋谷図書館よりも本の種類や数も多いのが気にっている。
図書館だからこそ気軽に借りられるメリット♪

長生きすると、みんな最後はひとりになる。
結婚したひとも、結婚しなかったひとも、最後はひとりになる。
女の人は、そう覚悟しておいたほうが良い。

確かにそうである。

第1章 ようこそシングルライフへ
第2章 どこでどう暮らすか
第3章 だれとどうつきあうか
第4章 おカネはどうするか
第5章 どんな介護を受けるか
第6章 どんなふうに「終わる」か

おひとり様になってから、必要事項を網羅。

しかし上野千鶴子さんというえば、バリバリの学者さん(東大院の教授ですから)。
彼女の目線で書かれているので、庶民には無理な点も多々あるが、
具体的に老後を考えるきっかけになり参考になった。

介護される事になった時、介護した経験はあったかもしれないが、
されるのははじめての事で、良いのか悪いのかの判断基準がほとんどの人にない。
日本人の場合、我慢してしまうことが多いが、不快な事をはっきり伝える事が大切さが書かれていた。

また体が不自由のなった場合に
身体障害者の方のためのソフト・ハードを有効利用も納得。

そして、家族も仕事も卒業して、
自分だけのために使えるありあまる時間をエンジョイしようと思った場合の
最低条件は「自分だけの住まい」を持つことである。
子供のいない我が家はこれだけはクリアできそう。

お金はこれから貯めていくにしても、
人間関係、特に友人の大切さが書かれており、
(要)ご飯&お酒&楽しい会話が一緒にできる気の合う友人数人である。 

上野さんの先輩で、生存中に基金をつくって、かつて自分が奨学金に助けられた恩返し、
アジアの貧しい学生の奨学金(もちろんテーマを絞って)にしたというカッコイイ方もいるらしい。

ちなみに遺されて困る一番はペットであった。

我が家の実父母は共に元気ではあるが、介護段階に入った友人たちの話を聞きつつ、
親の事はもちろん、自分の老後はどうありたいかを考えてしまう今日この頃である。

現時点は、実家の浜松に小さな長年の夢、理想の家を建てて、
東京のマンションと行ったり来たりする生活。
友人たちに整体やアロマをしたり、ヨガを教えたり、悩める若者に占いでアドバイス。
美味しい物を食べて(ここ大切)、ゆったり暮らしたいですね。
がんばろう!


代官山の小さな隠れ家サロン
芳香整体&アロマトリートメントのクープシューです♪
代官山の小さな隠れ家サロン/芳香整体&アロマトリートメントのクープシュー


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

nao

Author:nao
食育講師・整体師・アロマセラピストのnaoが、日々の出来事を感じ事を綴ってます♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

読書INDEX 【50音順】 (1)
本 (37)
本 食全般 (19)
本 分子栄養学系 (9)
本 食の安全系 (10)
本 アンチエイジング系 (7)
食 ローフード系 (6)
本 酵素栄養学系 (7)
本 代替医療系 (4)
食 マクロビオティック系 (4)
本 健康系 (11)
本 科学系小説 (15)
本 小説 (13)
本 占い系 (2)
健康・ビューティー (25)
日常 (35)
イベント (25)
ライブ (13)
映画 (29)
ランチ (16)
占い (12)
未分類 (4)
欲しい物 (3)
食 (15)
お家ご飯 (7)
代官山ネタ (2)
美術館 (2)
セミナー (8)
食 カウンセリング (2)
栄養学 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。