2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強のアンチエイジング・フード13種

最強のアンチエイジング・フード13種
最強のアンチエイジング・フード13種
別所 健史(著)
関西医科大学医学部卒業。医学博士。日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医。
米国ECFMG資格取得(米国臨床研修医師資格試験)。
関西医科大学小児科研修医を経て兵庫医科大学で産婦人科を研修。
米国カリフォルニア大学(アーバイン)産婦人科に留学後、兵庫医科大学産婦人科分娩新生児部専任講師。
別所産婦人科院長を経て、現在堺市の赤井マタニティクリニック嘱託医。
ナチュラリストとして「食と健康」を研究する傍ら、
日常診療においても「食」のライフスタイルを重視したアドバイスを婦人科患者や妊婦に行っている。


老化の大きな原因の一つである「酸化ストレス」
酸化の原因である活性酸素対策にはどうすれば良いのか?

本日も長~い読書録となってます。

まずは酸化ストレス、活性酸素とは、体内で作り出されるSODをはじめとする抗酸化物質、
フィトケミカル系、オメガ3系脂肪酸がなぜ今注目などかがわかりやすく書かれています。

実用編では、スーパーマーケットで普通に買える食材の中で
抗酸化食品・オメガ3系脂肪酸・低GI食品を推奨。(とても同感です)

米国では農務省が「食品別の抗酸化作用」の一覧をホームページ上で公表しており、
そのデータORAC値:Oxygen Radical Absorbance Capacity(すべて100g当り)を参考にしながら、
プラス、注目の健康食である日本の伝統的な和食と地中海食をも合わせて選択したお勧め食材。
そしてなぜ良いのかを最新の文献と照らし合わせて解説されてます。

お勧めスーパーフード・トップ13は下記の通りです。

1.野菜 緑黄色野菜 特にブロッコリーとトマト
(ORAC値:アスパラガス2252 ほうれん草1513 ブロッコリー1510 ジャガイモ1058 玉ねぎ913 トマト529)

2.果物 ○○ベリー系 ブルーベリー、ストロベリーなど
(基本生がお勧め。蒸す>ゆでる・電子レンジ、焼く、フライパン加熱>圧力調理、ゆでる)
(ORAC値:ブルーベリー4669 ラズベリー5065 いちご4347 いちじく3383 アボカド1922 バナナ795)
(アボカドのグルタチオン100g中18mgで不要金属デトックス効果大)

3.オリーブオイル エキストラバージン
(酸度0.8%以下で酸化されにくい。ORAC値:312 抗酸化物質とてのビタミンEも含有)

4.チョコレート 特にブラックチョコレート
(70~80%以上のダークチョコレート、できれば砂糖なし)

5.豆類 大豆製品 
(大豆ORAC値:5049 血液中のイソフラボン量が多いほど乳ガンになりにく報告あり)

6.ナッツ くるみなど 胡麻のリグナンもお勧め
(ORAC値:アーモンド4454 くるみ13541 へーゼルナッツ9645 マカデミアナッツ1695)

7.穀類 玄米、発芽玄米
(玄米に含まれるフィチン酸やフェルラ酸には抗酸化作用があり、米ぬかのORAC値は24287と
抗酸化力大。黒米はアントシアニンが含まれているので、より強い抗酸化作用が期待できる)

8.水 浄水された水、ミネラルウォーター
(基本1.2ℓをお水で。早めにこまめに飲む事。寝る前と目覚めたときのコップ1杯)

9.魚 鮭、青魚
(抗酸化作用は期待できないが、オメガ3系脂肪酸が豊富)

10.スパイス類 特にガーリック ウコンや生姜も
(クリクミン(ウコン)には乳ガンや前立腺ガンを発育を抑える。 
脳のアンチエイジングフードとしても注目)
(ORAC値:ガーリック(生)5798、バジル(生)4805、生姜(生)14840 ウコン(粉末)127068 
 コリアンダー(生)5141)

11.酢 特にバルサミコ酢
(ポリフェノール量:ぶどう酢35mg バルサミコ酢259.4mg 血圧の上昇を予防 血糖値の上昇を抑える) 

12.ワイン 赤ワイン ワインを飲まない方には緑茶
(赤ワインのレスベラトールとフレンチパラドックス) 
(グレープフルーツジュース1238 ぶどうジュース1788~2386 ざくろジュース2681赤ワイン3607 
 赤ワイン(カルベネ、ソヴィニヨン)4532 緑茶1253)

13.海藻 海苔やもずく
(ぬるぬる成分のフコイダンの抗酸化力と乳ガンを含めた抗ガン作用の報告あり)

ワイル博士のお勧めとほとんど一緒ですね。


今回の収穫は、グリセミック負荷(グリセミック・ロード)の発見!

血糖値の増え方を表すグリセミック・インデックス値(GI値)。
値が大きいほど(砂糖、白パンなど)血糖値が急上昇します。

GI値を低い物を食べるのは最新栄養学の鉄則事項ですが、
食べる量「炭水化物の量」の考慮の話に納得です。

それは「グリセミック負荷(グリセミック・ロード)といい
GI値に炭水物質の量をかけた数値で表します。

実際には炭水化物の量を把握する必要があるので、計算は少々面倒。

炭水化物量が共に70%とするAとB、

GI値が50のAを200g、GI値が80のBを100g食べるのでは

グリセミック負荷はA:75とB:56、

GI値は低いはずのAがグリセミック負荷値は高くなります。

当然と言えば当然です。


おまけ:ロマンチック・フードベスト10
(ロマンスを刺激したり高めたりするかもしれない食品です)

1.アスパラガス 2.アーモンド 3.ルッコラ 4.アボカド 5.バナナ
6.バジル 7.チョコレート 8.卵 9.イチジク 10.牡蠣

卵以外はアンチエイジングフードと一致です。

アンチエイジングの食事をすると恋気分になりやすいという事でしょうか(笑)
すばらしい~
そして、食だけでは不十分。
ストレス解消のための適度な運動も必須です!


代官山の小さな隠れ家サロン
芳香整体&アロマトリートメントのクープシューです♪
ただ今春のキャンペーン中です!
代官山の小さな隠れ家サロン/芳香整体&アロマトリートメントのクープシュー
スポンサーサイト

老化はなぜ進むのか

老化はなぜ進むのか
老化はなぜ進むのか
近藤 祥司(著)
1967年生まれ。1992年京都大学医学部卒、同大学医学部附属病院老年内科入局。
1995年より、京都大学理学部生物物理・柳田充弘教授(当時)の下で細胞周期の研究に取り組む。
医学博士。2001年より、ロンドン大学と英国ガン研究所で細胞老化と解糖系代謝の研究に従事。
2006年、京都大学医学部附属病院に帰任しアンチエイジング外来および同教室を開設。
現在、同病院老年内科助教、日本抗加齢医学会評議員および日本基礎老化学会評議員。


老化は、じつは生命活動を正常に保つために不可欠なしくみだった。

細胞は、さまざまな遺伝子の働きで老化のスピードをコントロールすることにより、
ガン化や機能低下を引き起こす異常から生命を守っている。

老化のプロセスは従来予想したよりもはるかに複雑です。

テロメア説、酸化ストレス説、ガン遺伝子・ガン抑制遺伝子、長寿遺伝子Sir1.2
細胞周期説、様々ある老化のプログラム仮説が解りやすく書かれてます。
(私には3回位の読み返しが必要でしたが)

その中でも、ガン抑制遺伝子p53が印象的でした。

100個近いガン遺伝子が報告される一方で、
ガン抑制遺伝子は20個ほどしか発見されていないそうです。

名前の通りガンを抑制する遺伝子ですが、その働き方の多様性がスゴイのですよ。

細胞が酸化ストレスやDNA損傷を受けた場合、細胞内のDNAやRNA、
タンパク質、脂質などが損傷を受けると考えられます。

ゲノムの守護神と呼ばれるp53は、
ストレスを受けた個所を修復するために、細胞周期をストップして、停止期間中に修復したり
修復できない場合はアポトーシス(細胞死)に。

また酸化ストレスの発生源のミトコンドリア系、
カロリー制限による寿命を伸ばす大きな役割をのSirt1遺伝子にも関係。
最近では、炎症に関わるサイトカン(局所ホルモン系)にも関与している仮説も出てきたそうです。

身近な話題として、2006年度WHO統計の平均寿命ランキング

1.日本      総合83歳 女性86歳 男性79歳
2.アンドラ      82歳   85歳   78歳
3.モナコ       82歳   85歳   78歳
4.サンマリノ     82歳   83歳   80歳
5.スイス       82歳   84歳   79歳
6.オーストラリア   82歳   84歳   79歳
7.カナダ 
8.アイスランド
9.イスラエル
10.イタリア
11. スウェーデン
12. オーストリア
13.キプロス
14. ドイツ     総合80歳 女性82歳 男性77歳

日本は世界的にも有数の長寿の国ですが、平均寿命から寝たきり期間をひいた
健康寿命は6~7年短くなるそうです。
この6~7年をなくす事が最大の課題です。

ちなみに寝たきりの一番原因は、男性は脳血管疾患 女性は骨折・転倒。

女性なら骨粗鬆症にならないようにする事が大切です。

なお注目のDHEAをサプリメントとして、2年間投与した結果、
筋肉増強、脂肪減少以外には明らかな結果は出なかったかったようです。
ただし、女性ホルモンや成長ホルモンのような有害な副作用もなかったようです。

なお現時点では、ホルモン療法はアンチエイジングとは呼びがたいというのが
研究者の結論だそうです。
興味のある方、詳しくは本書はご覧ください。

アンチエイジング、難しい遺伝子などのお話はさておき、
とりあえず更年期前の骨強化が課題ですね!



代官山の小さな隠れ家サロン
芳香整体&アロマトリートメントのクープシューです♪
代官山の小さな隠れ家サロン/芳香整体&アロマトリートメントのクープシュー

体温を上げると健康になる

体温を上げると健康になる
体温を上げると健康になる
齊藤真嗣(著)
米国ニューヨーク州医師。1972年生まれ。日米欧のアンチエイジング専門医・認定医の資格をもつ、
自称「日本一腰の低い医者」。2008年9月よりニューヨークのマンハッタン5番街にクリニックを
開設。日本とアメリカを行き来しながらエイジング・マネジメントの普及に努めている。アンチエイジ
ングの面からゴルフを考察した『ゴルフで老いる人、若返る人』(小社)が話題に。一介の医者ながら、
なぜかビル・ゲイツ、ビル・クリントン、ベッカム、アレックス・ロドリゲスらと親交のある、不思議
な縁の持ち主である。


体温が1度下がると免疫力は30%低下する。
体温が1度上がると免疫力は5~6倍高くなる。
米国・EU・日本で認定されたアンチエイジングの専門医が教える体温アップ健康法。

健康な人の平熱は、36.5度から37.1度。
ダルサやツラサなど病的な自覚症状がなければ、37度は微熱ではなく、健康な体温である。

体温を上げるためには「筋肉を鍛える」事!

50万部突破のベストセラー本であるが、アマゾンでは賛否両論。
2009年2月発行。面白そうなので購入してみた。

最新のアンチエイジング情報満載。
効率の良い脂肪燃焼、筋トレの方法などが、わかりやすく書かれている。


体内でおこる様々な化学反応(代謝)に必須の酵素。

この酵素が活性化するのは、体温37度代。
(ちなみに酵素が壊れるのは48度以上)

現在のアメリカでは、初期の風邪で薬を処方する事はほとんどなく
ビタミンCとマグネシウムを摂取して、お風呂に入って体をあたためて寝れば良い。

つまり、体温を上げて酵素活性を上げ、免疫システムの働きを高めるのである。

ガンを発症する人のは低体温の人が多く、低体温だとガン細胞の増殖スピードが速くなる。

なぜか?

嫌気性代謝(酸素不要)の原始細胞生命体と
好気性代謝(要酸素)のミトコンドリア生命体の話がスタート。

正常な細胞がガン化するのは、ミトコンドリアの好気性代謝の経路が破壊され、
嫌気性代謝で増殖する細胞に変化することを意味する。
嫌気性代謝を行う細胞は、酸素の少ない状態、より低温が環境で活発になるからである。

体温を上げるのにもっとも良い方法は、基礎代謝を上げる事。

体温と基礎代謝は正比例に関係にある。
体温が一度低下すると、基礎代謝は12%低下。

1日2000キロカロリーの人は、基礎代謝はその約7割の1400キロカロリー
その12%といえば168キロカロリー。30分のウォーキング程度であるが
何をしなくても、そのカロリー消費あるのとないのとでは、その差は大きい。

つまり筋肉量を上げて、基礎代謝を上げれば、体温も自然と上がるのである。

筋肉は20歳をピークの年々減少。
20代に中肉中背の男性で40%、女性で35%の筋肉量。
70代になると2/3、約26~23%に減少。

年1%づつ筋肉が減少していく。
寝たきりの生活をすると2日間で1年分の筋肉を失う。

効率的な有酸素運動とは、無酸素運動によって成長ホルモンを分泌させ、
脂肪を燃やす効果をあげてから、有酸素運動すると良い。成長ホルモン活用法。

有酸素運動をはじめてから5分~10分程度で脂肪燃焼段階に入る。
通常は15分~25分位から。

同じ有酸素運動の時間と回数で、1年間で約3.5倍の脂肪が燃焼される。

筋肉の鍛えるのにもっと大切なのは、「脳から筋肉の神経経路を鍛える」

具体的には負荷は少なくても良いので、最大限のスピードであげてみる。
距離は10メートルでも20メートルでもいいので、ゴールまで一秒でも早く到着するように
全力ダッシュする。

回数は少なくても良いので、今持てる筋肉の最大能力を引き出す事が大切。
回数でも負荷でもなくクオリティが重要なのだ。

筋トレは、3日に1回程度が理想。
筋トレ前にはアミノ酸、後は10分以内にタンパク質がお勧めである。


平成18年国民健康・調査では、40~74歳の男性に2人に1人、女性で5人に1人が
メタボであると報告されている。

なぜ男性の方がメタボになりやすか?

男性のテストステロン低下による更年期障害が関係大。

通常、本来男性ホルモンは、30歳をピークに年1%づつ低下していく。
ストレスによって低下の度合いが高まっている。

男性の更年期障害は、うつ病に似た精神症状を示すことが多く
2007年3月の東大病院泌尿器科が出した論文によると、
中高年男性の50%はうつではなく更年期障害である。

テストステロンと内臓脂肪は反比例の関係。
男性ホルモンが減って内臓脂肪が増える。

だから男性がメタボになりやすいのである。

更に、内臓脂肪が増えるとアディポサイトカンが生産される。
インスリンの働きを低下、血管に炎症を起こして動脈硬化を誘発したりする悪玉ホルモン
なので要注意である。


その他にも、

理想的な睡眠は、7時間半から8時間。20時から5時の時間帯が理想。

時差ボケを避けるために、機内食はたべない。(ハーバード大学、睡眠欲と食欲)
人間は14時間以上食事をしないと、眠りたいという睡眠欲より、
食べたたいという「食欲」が勝って、そこで食事をすると体内時計がリセットするとか。

理想のお風呂温度は、41度。
姿勢よく、肛門を閉めて歩こう!
夕食後4時間以内に寝ると成長ホルモンが出ない。

などなど、交感神経型、副交感神経型の話も興味深かった。


筋肉量が多めでも冷え症の私の改善策はここにはなかったが、
体温を上げたい方、メタボ解消したい方、筋肉を効率よくつけたい方にお勧めです。
3時間もあれば読めますよ。



代官山の小さな隠れ家サロン
芳香整体&アロマトリートメントのクープシューです♪
代官山の小さな隠れ家サロン/芳香整体&アロマトリートメントのクープシュー

ここから私のメモ帳。

副腎皮質で作られるホルモン、DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)という性ホルモン。
アンチエイジング学会では、長寿のマーカーとして注目されている。
100歳以上の健康な人には、DHEAの値が高い人が多い。

低体温の人で50歳以上の人は病気のリスクが高くなるので要注意。
齊藤先生の患者さんのオノ・ヨーコさんは、76歳ながら、40代の血管年齢とか。
動脈硬化を招く4つ危険因子は、高血圧、喫煙、糖尿病、高コレステロール。


仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか
仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか

山本 ケイイチ(著)
(株)エネックス代表取締役。山本ケイイチトレーニング事務所代表。
NESTA公認パーソナルフィットネストレーナー。13歳のとき独学でトレーニングを開始。
高校卒業後、陸上自衛隊に入隊。初級偵察教育課程をトップで卒業し隊長賞受賞。
除隊後、有名フィットネスクラブで、プロのアスリートやダンサー、経営者、
外資系エグゼクティブなどを指導。ハードなトレーニング経験と最新の運動生理学・
脳科学に基づいた独自のトレーニング理論が高い評価を得て、指導依頼が殺到する。
個人指導のほか、プロトレーナー育成、フィットネスフードの開発など幅広く活躍する。


筋肉は最強のビジネススキル」である!

そう言い切るカリスマパーソナルトレナーの山本さん。

彼のクライアントの一言が心に残った。

自分本来の輪郭をしっかり保つため

輪郭というのはもちろん体だけではない。

5年前からヨガ・ピラティス専門スタジオ、
昨年5月からはスポーツクラブに15日/月は通っている私の観察結果、

1.ヨガとピラティス派
2.エアロビ、ダンス系派
3.筋トレ・有酸素運動(バイクとかランニングマシーン)系

3つのカテゴリーで分類すると

筋トレ&有酸素運動をしている人の体が断然カッコイイ!

筋肉は体をカッコよくみせるだけでなく、
正しい姿勢保ちやすいので、疲れにくくなるし、
基礎代謝が上がるので太りにくいし、
成長ホルモンが分泌されやすくなるので、アンチエイジングに効果大。
運動して汗を流してストレス解消、ポジティブに物事を考えられるようになる。

いいことづくめなのだ。

効率よく筋トレするが、現在私の課題である。

本書は、それらがわかりやすく書いてあり、
かつ、スポーツクラブの選び方、長続きさせるコツ、
食生活、睡眠にも触れ、知っている事も多かったが参考になった。

年代別の注意事項としては、
20~30歳 
思う存分、好きなだけ 
運動適齢期。この10年間のトレーニングで、その後の筋肉の発達度合が変わってくる。

30~35歳 
仕事とトレーニングの両立を 
ちょっとお腹が出てきたかなと思う年頃。
仕事が忙しくなる時期でもあるので、無理せず続けることが大切。食事療法の併用も必須。

35~40歳 
自分で決めたスケジュールを守る事。
体のあちことにたるみが出てくる年代。
トレーニング後は筋肉が硬くなりがちなので、マッサージも受けると良い。

40~45歳
できればトレーナーをつけて
鍛えている人とそうでない人の差が、はっきり出始めるころ。
トレーニング中に肩や腰を痛める人が多いので要注意。

45~50歳
効果を上げるようケアを優先
筋力が確実の落ちる時期。効果を上げるといよりケアを最優先に。
食生活にもかなりの注意が必要となる。

筋肉は何歳になってもつけられると言われているが、40歳以上は無理は禁物。

1日24時間の中で一番効率の良い時間は寝る前、24時睡眠なら23時頃。

痩せたかったら、朝食前の低血糖の時が有効。
血液中の遊離脂肪酸が消費されやすからであり、さらに有酸素運動をすると、
体脂肪を積極的に使い始めて、体脂肪が減少。
「朝、軽くアミノ酸をお水を飲んで、ジョギングする」

私に欠けているのは、目標の明確化であるが、

何をどうしたいんだろう?

胸に脂肪を5kgつけたいかな(笑)

真面目に考えてみよう~!



代官山の小さな隠れ家サロン
芳香整体&アロマトリートメントのクープシューです♪
代官山の小さな隠れ家サロン/芳香整体&アロマトリートメントのクープシュー

長寿遺伝子を鍛える

長寿遺伝子を鍛える
長寿遺伝子を鍛える
坪田 一男著
慶應義塾大学医学部眼科教授。日本抗加齢医学会副理事長。
雑誌『アンチエイジング医学』編集長。1955年東京生まれ。
1980年、慶應義塾大学医学部卒業後、日米の医師免許を取得。
85年アメリカのハーバード大学に留学、87年角膜クリニカルフェロー修了。
2001年、日本における最初のアンチエイジングの団体、
日本抗加齢医学会(当時日本抗加齢医学研究会)を有志の医師と立ち上げた。

眼科医の書く、アンチエイジング本。
最新の医学情報満載の本である。

永遠の24歳サザエさんの父「波平さん」は54歳。
連載中の1950年代、当時の定年は55歳。
日本人男性の平均寿命は58歳。

現在は、定年60歳、平均寿命は約79歳。
定年は5年しか伸びていないのに、寿命は20年も伸びている。

この20年を「どう健康に楽しく生きるか」。
人生を長い物語とすれば、アンチエイジングは、
より物語を素晴らしいものにする演出法であり
長寿遺伝子は我々の中に実在する。

最終的には、カロリーリストラクション=カロリスを推奨。
カロリー制限は、あくまでもタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、
ミネラルの栄養バランスは保った上で
総摂取カロリーを通常の70%にすることによって、下記の状態にする。

・低体温
・血液中のインスリン濃度が低い
・血液中のDHEAの濃度が高い。

これらは、メリーランド州のジョンズ・ポプキンス大学で1958年から行われている
長期間かつ大規模な免疫学的調査による長生きの人の3つの共通点である。

カロリスによって、サーチュイン(Sirtuin 長寿遺伝子)が活性化され、
同じ現象が起こるいう。

カロリスに興味のある方はこちらのHPを。

もちろん有酸素運動は必須!
アディポサイトカンを増やしたり、
(インスリン抵抗性や代謝、エネルギーバランスを調整するホルモン様物質。)
質の良いミトコンドリアを増やすことになる。

なおDHEAをサプリでとっても効果はないようです。
目を紫外線から守るためのサングラスは必須ですよ。

とても勉強になりました!


代官山の小さな隠れ家サロン
芳香整体&アロマトリートメントのクープシューです♪
代官山の小さな隠れ家サロン/芳香整体&アロマトリートメントのクープシュー


ここからは読書録として。

人間は60兆個という膨大な細胞からできている。
そのひとつひとつの細胞の中には2万3000種類の遺伝子がある。
常に使っている遺伝子は5%。残り95%は眠ったままだといわれている。

危機的状況の中で「100万年前の人間」の中に眠っていた
「生きるための遺伝子」が目覚める。
おかげで人類は絶滅をまぬがれることができた。
その遺伝子は現代の私の中にも受け継がれている。
100万年前の人間にとって、「愛」と「カロリー」同じ意味を持っていたかもしれない。

・老化遺伝子説
擦り切れ説 老廃物の蓄積説 免疫低下説 ホルモン低下説 遺伝子修復エラー説
テロメア説(細胞分裂できなくなって老化) 
酸化ストレス説

一生のうちに消費するエネルギーはほぼ一定で、「自分の体を良好に維持する;メンテナンス」
「子孫を残す:生殖」の2つのために使われている。
40歳以降に子供を産んだ女性は、80歳以上まで生きる確率が高い。

主な長寿遺伝子の発見
・age-1 老化促進遺伝子 1988年 トーマス・ジョンソン博士
遺伝子に突然変異が生じたある線虫の平均寿命は、正常な線虫の1.7倍、最長で2.1倍までのびた

・daf-2 老化促進遺伝子 1993年 シンシア・ケニヨン博士
線虫は幼虫期にエサがなくなったり、全体の数が増えすぎたりすると一種の突然変異を起こして、「耐性幼虫」になり、通常の2~3倍生きることができる。その仕組みに関わる遺伝子の一つを気づ付けたら逆に寿命が2倍になった。その後daf-2を傷つけただけでなく、生殖にかかわる細胞も傷つけると寿命が8倍になった・
daf関連の遺伝子には、このほかdaf-16などがある。

・Sirtuin 長寿遺伝子 2006年 レオナルド・ギャランテ博士
酵母菌において、遺伝子を発現を制御しているヒストンに変化をもたらす遺伝子が寿命をコントロールしていることが分かった。この遺伝子を活性化することで、長寿になるという世界初の長寿遺伝子。
それぞれの生物において発見されており、遺伝子の呼び方が以下のように異なる。
酵母菌、線虫 Sir2 哺乳類 Sir11

長寿遺伝子の誤算
人類100万年の歴史の中で99万8000年は飢餓と隣あわせの時代だった。
農耕が始まりようやく定期的に食糧を確保できるようになったのは約2000年前・
日本人が一般庶民でも1日3食食べられるようになったのは、約100年前。
現在のような豊かな植生待つになったのは戦後の高度成長期に入ってから(50年)
つまり99万9950年間「脂肪をためる」という戦略は役に立っていた。

核の中のFOXO(フォクソ)は、DNAの情報をコピーする転写因子のひとつ。
活性酸素が発生するたびに、抑える酵素を作れてと命令を出す司令塔。
インスリンシグナルが細胞内に入ってくると、働きを停止。
脂肪の蓄積を優先するのである。

脂肪から分泌されるアディポサイトカン。
インスリン抵抗性や代謝、エネルギーバランスを調整するホルモン様物質。
悪玉(PAI-IやTNF-α)と善玉(アディポネクチン)があり、
内臓脂肪が過剰に増加すると善玉が減り、悪玉が老ける。
アディポネクチンは、傷ついた血管を修復する働きがあり、この値が低いほど
心筋梗塞などの冠状動脈疾患での死亡率が高くなる。
その他にもインスリン抵抗性改善作用や脂肪燃焼促進作用もある。

増やす方法としては、基本有酸素運動。
食べ物としては、植物が害虫から身を守るために出すオスモチン。
トマト、りんご、さくらんぼ、キウイ、ピーマン、とうもろこしに含有。
大豆のアルギニン、シジミのアラニン、緑茶のカテキンにも効果あり。
メタボの解消、糖尿病の治療薬としての期待されている。

断食による細胞内の大掃除。
栄養が不足することによって自分のタンパク質を分解して栄養にする生理現象=オートファージ
月に1回くらいの24時間の断食をおこなうと効果的。

分別掃除法もある。ユビキチン(タンパク質)

ミトコンドリアから老ける。
ミトコンドリアのDNAは核内と違って核膜に守られていない。

運動するとミトコンドリアが増える。

ミトコンドリア内で発生する活性酸素は、体内で発生する90%をしめる。

遺伝子が抗酸化ネットワークを支配する。

究極のアンチエイジング「幹細胞移植」


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

nao

Author:nao
食育講師・整体師・アロマセラピストのnaoが、日々の出来事を感じ事を綴ってます♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

読書INDEX 【50音順】 (1)
本 (37)
本 食全般 (19)
本 分子栄養学系 (9)
本 食の安全系 (10)
本 アンチエイジング系 (7)
食 ローフード系 (6)
本 酵素栄養学系 (7)
本 代替医療系 (4)
食 マクロビオティック系 (4)
本 健康系 (11)
本 科学系小説 (15)
本 小説 (13)
本 占い系 (2)
健康・ビューティー (25)
日常 (35)
イベント (25)
ライブ (13)
映画 (29)
ランチ (16)
占い (12)
未分類 (4)
欲しい物 (3)
食 (15)
お家ご飯 (7)
代官山ネタ (2)
美術館 (2)
セミナー (8)
食 カウンセリング (2)
栄養学 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。