2010-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイル博士の医食同源

ワイル博士の医食同源
ワイル博士の医食同源

昨年5月に信頼できる友人からお勧め食(栄養学)の本で推薦してもらった本。

その時のメールをコピペ。
あと、たぶん、絶版になっていると思うけど、ホリスティックヘルスの
第一人者のアンドルー・ワイル博士の「医食同源」は、非常に参考になりました。
こちらも、日本語のタイトル訳が変で、原題は、「Eating well Optinum Health」となっています。

絶版なのですが、図書館で借りることができた。

まずはワイル博士の基本理念からスタート。

食は快楽の主源であり、人間関係の結節点であり、個人的、文化的アイデンティの旗印であり、
健康に重要な影響を与えるものである。
愛と思いやりによって調理された、家族や友人たちに食された料理から
生まれる好ましい感情、癒し、安心感、愛を忘れないでいただきたい。

つまり「健康食と快楽食は矛盾しない」とし、
「ヘルス・ファーストフード・レストラン」チェーンを希望。
現在でも、ワイル博士の食への基本理念に合致するチェーン店はないが、
単独店は確実に増えている。

次に各栄養素の詳細な説明あり。

糖質編では農業の出現よって、膵臓の重労働をしいられることになったとし、
当然GI値の説明、低GI糖質の推奨している点がすばらしい。

脂質については、マーガリンやショートニングなどに含まれる脱トランス脂肪酸はもちろん、
プロシタグランジン(局所ホルモン)に触れ、オメガ3系脂肪酸の摂取を推奨しているのもすごい。

タンパク質は、総摂取カロリーの10~20%の間に抑えること。
(肝疾患や腎疾患がある人は、10%以下)
過剰なタンパク質摂取の問題点を指摘、自然手技療法学院の食育と全く同じである。

必要なビタミンをすべてとるための最良の方法は、
大量の果物と野菜、適量の全粒粉穀物、ナッツ類、種子類。
からだにいい動物性食品をほどほどに食事からとって、さらにしばらく太陽にあたること。

それにくわえて、400マイクログラムの葉酸を含むビタミンB群のサプリメントと
100ミリグラムのビタミンCを1日2回。
(「癒す心、治る力」よりビタミンCがかなり減っている)

カロチノイドの混合カプセル剤を1錠、400~800IUのビタミンE摂取。
骨粗鬆症のリスクのある人は、400IUのビタミンDもとった方が良い。

抗酸化調整剤としては、
ビタミンEと200マイクログラムのセレニウムを一緒に
カロチノイド25000IU(βカロチン、αカロチン、ルティン、リコピン、ジークサンチン)
とビタミンCも。

(10年まえでも、食事だけでは、必要なビタミン・ミネラルの摂取は無理。
現在ならなおさら必要。
ただし、その必要量のエビデンスがないだけに難しい所である。)

ワイル博士の緑茶好きは有名である。
緑茶のEGCG(エピガロカテキン没食子酸塩)の協力な抗酸化物質を推奨。
毎日4杯。カフェインをとりたくない人は、デカフェを推奨。
(お茶は農薬が怖い私)

第四章の世界最良の食事も面白かった。

旧石器時代の日常食からスタート。
生食主義
日本の伝統的な日常食
アジア料理
厳格な菜食主義の利点、弱点を記載説明。

ワイル博士の一押しの食事とは、地中海型日常食である。
(スペイン、南フランス、イタリア、ギリシャ、クレタ島、中東の一部)

利点。
・多くの文化圏で受容できる味覚と種類の多さ、
・西洋型に比べて全粒粉穀物が多く、GI値が低い。
・魚、ナッツ類、種子類、野菜からの単価不飽和脂肪酸とオメガ3系脂肪酸が多い。
・適量のチーズとヨーグルトを食べる
・繊維、植物性化学物質が豊富な低GI値の果物と野菜を食べる。
・食材の新鮮さをたいせつにする
・加工食品が少ない

欠点
・成長期や妊婦にとっては鉄分が不足するおそれがある。
・カルシウムが不足するおそれがある。

大勢で陽気に楽しく食べ、食の快楽を楽しむことは、
地中海沿岸文化の核心といえる事である、たんにオリーブ油の問題でない。

また、ひと皿の料理は最悪のものにも最良のものにもなるとして、
自宅でも外食でも、最適な食事は食材や料理にたいして対価を支払う知識からはじまると、
ラベルの見かた、食品添加物にまで説明している。これもすごい!

食のスピリチュアルティ、食の霊的側面に触れているのも素敵である。

食べ物は、含有する栄養素の総和以上のものであると信じらている。
食べ物に含まれているのは生命エネルギーであり、それを扱う人の精神的・霊的な波動である。

ただしそう考える理由が科学的に証明されているものではなく、
生化学や栄養学とは違う次元に属する物である。

ほとんどの人は直感的に、愛をもってつくられた料理のほうが義務的につくった料理よりも
おいしいと考えている。

こどもが病気になった時の母親がつくってくれるスープの味は、缶詰や粉末のおなじ種類びスープよりも
はるかにおいしいく、こころがあたたまる。

それはプラシボー反応かもしれないが。

また料理は魔術であると、医学校時代に、お料理する楽しみを覚えたワイル博士。

本書では幕内秀夫さんの協力の元、日本人用レシピ集も掲載されていて、
1冊ですべてが間に合うように作られている。

これが10年前に書かれてたいた本とは、
各栄養素についての解説も今でも通用する本でした。

この本を推薦してくれた友人にびっくり。
食に関する本をここまで読んでいたとは、見直しました(笑)

食に興味のある方、
これ1冊で、栄養学を含めて深い所まで学べます。
読むのは時間がかかりますが、お勧めです!


代官山の小さな隠れ家サロン
芳香整体&アロマトリートメントのクープシューです♪
代官山の小さな隠れ家サロン/芳香整体&アロマトリートメントのクープシュー
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

nao

Author:nao
食育講師・整体師・アロマセラピストのnaoが、日々の出来事を感じ事を綴ってます♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

読書INDEX 【50音順】 (1)
本 (37)
本 食全般 (19)
本 分子栄養学系 (9)
本 食の安全系 (10)
本 アンチエイジング系 (7)
食 ローフード系 (6)
本 酵素栄養学系 (7)
本 代替医療系 (4)
食 マクロビオティック系 (4)
本 健康系 (11)
本 科学系小説 (15)
本 小説 (13)
本 占い系 (2)
健康・ビューティー (25)
日常 (35)
イベント (25)
ライブ (13)
映画 (29)
ランチ (16)
占い (12)
未分類 (4)
欲しい物 (3)
食 (15)
お家ご飯 (7)
代官山ネタ (2)
美術館 (2)
セミナー (8)
食 カウンセリング (2)
栄養学 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。