2017-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医師も実践している子供が丈夫になる食事

医師も実践している子供が丈夫になる食事
医師も実践している子供が丈夫になる食事
(2011/1/27)

櫻本 美輪子(著)
医療法人社団水青会小松川クリニック副院長。日本内科学会認定内科医。
日本心身医学会心身医療「内科」専門医。千葉大学医学部卒業。
東京都立駒込病院にて内科研修後、東京大学医学部附属病院分院心療内科に入局。
平成9年から、医療法人社団水青会小松川クリニックにて、内科・心療内科を担当。
栄養療法を取り入れた治療法を実践している。

定 真理子(著)
新宿溝口クリニックチーフ栄養カウンセラー。
愛知県立大学、仏グルノーブル大学にてフランス語を学び、通訳などの仕事に関わる。
その後、栄養療法により自身の不妊症を克服し、二児に恵まれる。
子供に出産時から栄養療法を施し、息子は高校生ながらプロレスラー「定アキラ」としてデビュー。
現在は栄養カウンセリングをはじめ、講演やセミナー、雑誌などで活躍している。


分子栄養学的栄養カウンセラーになって26年目の定さん。
以前からとても気になっていました。

ご自身も栄養療法(セラピー)で妊娠し、子供も栄養セラピーで育てあげたそうです。

子供も持つお母様向けに書かれていますが、
発行が今年ということもあり、分子栄養学の最新情報が盛り込まれ、わかりやすい本ですので
分子栄養学の入門書としてもお勧めです。


人それぞれの栄養の必要量が異なる中、症状や状況によって、食事だけでは補いきれない栄養素たち。

本当に食事だけで補う事はできなの?

それが理想だけど、

昔と違って子供でもストレス大、
食材の栄養価が低下したり、
精製された糖質食品が安価に流通する現代。

通常の食事だけでは不足しがちが栄養が沢山なのです。

そんな時に活用して欲しいのがサプリメント。

個人差を考慮した「適切な量と組み合わせ」が大切。

少しだけ取り続けて全然効かない経験の方も多いはず、

ある程度の量を摂取して、初めて効き始めるものなのです。

私はこのポイントをしっかり理解していなかったので、かなり遠回りしましたよ。
あとタンパク質が摂取が足りないと、せっかくヘム鉄取っても利用されないので要注意です。


脳神経の90%は4歳までに形成され、10歳までには成人の95%まで完成するので
この時期の栄養欠損は致命的です。
生理が始まる前後小学生の女のお子さんのダイエットも問題大です。

子供が陥りやすい栄養欠損は、「低血糖症」「タンパク質欠乏」「鉄欠乏」「ビミタンB群欠乏」
と成人と同じですね。


基本は、

1.低GI食品で血糖値の乱高下を避ける。

  清涼飲料水に含まれる糖分は想像以上に多いのです。
   清涼飲料水500mlに含まれる糖分はシュガースティック(3g)18本分
   スポーツドリンク500mlは11.2本分
   野菜系飲料280mlは8.5本分
   紅茶飲料、乳酸菌飲料・化述系飲料500mlあたり10~20本

  炭水化物系のおやつは血糖値を急激にあげるものが多いので要注意。
  甘いおやつは与えないが基本です。
  
  あとは、食べる順序に気を付ける。
  野菜や肉やスープから食べてご飯やパンは最後にするのがお勧めです。

2.良質のタンパク質をしっかりとる。

  子供に必要なタンパク質は1.5~2g/kg1日あたり 
  30kgなら45~60g必要です
  通常の食事では不足しがちなので、プロテインの併用も推奨されてます。


また症状別の栄養セラピーも掲載されて、大人にも参考になります。

例えば、自閉症・引きこもりではタンパク質&鉄&ビタミンB群

アトピー性皮膚炎では、タンパク質&亜鉛&ビタミンA

受験・テストでは、ビタミンB群&EPA&DHA

冷え症では鉄&ビタミンC

ニキビには鉄&ビタミンA&B6
(ニキビで悩んでいるお子さんの多くが鉄欠乏症らしいです)

子供にイライラしたら栄養不足のサインですと
ヘム鉄剤を摂取した不定愁訴の改善率の表も掲載されていました。


最後にサプリメントを選ぶ時に注意する3つのポイントが掲載されていて、良かったです。

1.クリニックサプリメントは薬と同じ基準(GMP基準または準拠)作られています。
市場で販売されているサプリメントは食品扱い。
安いサプリは安い材料でつくられているので、それないの値段の物が良いでしょう。
特にヘム鉄の原料のヘム鉄パウダーは非常に高価。安いヘム鉄はありえません。

2.プロテインは無糖を選びましょう。
できれば消化の良いペプチドタイプ(低分子加工)の物。

3.1個で済む便利なマルチビタミン&ミネラルには無理があります。
ビタミン同士の化学反応などで1個の状態になっているのには無理があるので、
単一サプリメント選びましょう。


お母さんが元気でなければ、お子さんも元気になれない。

母子共に健康、家族みんな健康であること!

基本は食事ですが、プラス栄養療法によるサプリメント系摂取です。

しかし、クリニックサプリメントはかなり高いし、
良質でお手頃なサプリメントを見つけるのが一番大変ですね。

育児で悩んでいる方、是非読んでみてください。

今年高校3年生の甥っ子にビタミンB群、DHA、EPAと
眠気覚まし&集中力アップのためにペパーミントのアロマをセットしてプレゼントすることに
しました。

がんばれ甥っ子、受験生たち!


代官山の小さな隠れ家サロン
代官山の小さな隠れ家サロン/芳香整体&アロマトリートメントのクープシュー



スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corpschou.blog91.fc2.com/tb.php/367-ce629e19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

nao

Author:nao
食育講師・整体師・アロマセラピストのnaoが、日々の出来事を感じ事を綴ってます♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

読書INDEX 【50音順】 (1)
本 (37)
本 食全般 (19)
本 分子栄養学系 (9)
本 食の安全系 (10)
本 アンチエイジング系 (7)
食 ローフード系 (6)
本 酵素栄養学系 (7)
本 代替医療系 (4)
食 マクロビオティック系 (4)
本 健康系 (11)
本 科学系小説 (15)
本 小説 (13)
本 占い系 (2)
健康・ビューティー (25)
日常 (35)
イベント (25)
ライブ (13)
映画 (29)
ランチ (16)
占い (12)
未分類 (4)
欲しい物 (3)
食 (15)
お家ご飯 (7)
代官山ネタ (2)
美術館 (2)
セミナー (8)
食 カウンセリング (2)
栄養学 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。